なんでもありありなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分だったら単独会見は出来ない

<<   作成日時 : 2018/05/22 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 大学アメリカンフットボールのタックル問題、ついにタックルをした選手が会見。これで日本大学側はやや苦しく。前日に被害届が出てるので弁護士だけの会見?と思えば本人が単独でした。少なくともアメフト部監督よりはマシな人間だった、ということで(悪質なタックルをしたことは消えないけど)。

 タックルをした選手は日本代表にも選ばれるほどの能力。タックルされた選手も有望だったそうで、その2人が「今後もアメフトを続けられない」とか「悲しい思いをするなら〜やるんじゃなかった」と口にするのは悲しいですなぁ。せっかくここまでやってきたのに。それなのに指示を出したとされる監督ときたら「監督は辞めるけど大学理事は辞めない」と言ってるし。

 今後は警察の捜査が始まるので、試合中の悪質なプレー(傷害に近いもの)をどう判断するか見もの。漫画とかではよくある“相手潰し”ですが、現実には裁判沙汰になる可能性もあるので、そういうシーンは減っていくのだろうか?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分だったら単独会見は出来ない なんでもありありなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる