なんでもありありなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 酷いシーズンだったエスパルス

<<   作成日時 : 2014/12/08 19:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 サッカーの話では、昨日J1昇格プレーオフ決勝。モンテディオ山形が見事に復帰。J2リーグ戦で3位のジェフ千葉はまたもや上がれず。
 モンテディオの来季は今季の徳島ヴォルティスのように中々勝てないことは無さそうですが、補強次第ですかね。

 1位か2位じゃないと自動昇格にならないだけに、一度J2に落ちたら上がるのは大変。1年で戻れると予想しても、そう簡単にうまくいくとは限らず。一歩間違えばエスパルスもそうなる可能性があっただけに、他人事だと思わないで欲しいもので。

 今季のエスパルス、失点が多いです。42得点、60失点で得失点差が−18。数字が逆ならよかったのにねぇ。
 4月まではともかく、GWあたりから勝てない試合が多く。今年はW杯で中断して7月から再開しましたが、夏場は大量失点で負け続き。9月になっても建て直しは出来ず、結局ズルズルと最終節まで降格争いをする羽目に。

 戦犯は誰なのか?

 まずフロント。7月末にアフシン・ゴトビ監督を解任し、ユースチームを率いてた大榎監督にトップチームの再建を任せ。OBだがトップチームの監督経験は無しでどこまで出来るのか?注目でしたが立て直すことは難しく。
 W杯期間中にゴトビ監督を解任してればまだ時間はあったものの、8月〜新監督というのは疑問。もうちょっと経験のある監督は居なかったのだろうか?

 次に監督。ゴトビ監督が決してベストな監督なわけではないが、そのまま率いてたら…と考えることもしばしば。思うように補強が出来なかったこともあるが、結果が追いつかず解任に。
 その後を引き継いだ大榎監督、念願のトップチームの監督に。が、短期間では立て直せず。最終的には残留したものの、結果を見るとベターな監督とはいいがたく。

 そして選手。質という面では数年前より下がってる感はする。若手の成長に期待したいところですが、プロは結果を出さないとならず。
 失点が多いのはディフェンスの選手だけの責任では無いだろうし、得点が獲れないのはシュートした選手以外にも問題があったとしか。

 個人的には4割がフロント、3割が監督、3割が選手、と考えたり。まあ、3割も4割も大差ないわけで、3者がかみ合わなかったのか、最大限の力を出さなかったのか…。ここ数年で一番酷いシーズンだったかと。

 さて、すでに来年に向けていろいろ動き出してるはずで、今季のような不甲斐ないチームにならないように。せめてもうちょっと勝てるチームにして貰いたいもので。

 昨日、早くも契約満了選手が発表に。GKの相澤選手は残してもよさそうなんだが…。SBのキジェ選手を放出するとなると、SBは誰がやるのか?河井選手や石毛選手を使うことが無いようにしてもらいたいが、補強するのか、ヤコヴィッチ選手とかを使うのか?

画像
 『艦隊これくしょん』(艦これ)は公式ツイッターで“期間限定艦娘グラフィック”が12日(金)に実装だそうで。クリスマス近いからそれっぽい衣装になるんでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
酷いシーズンだったエスパルス なんでもありありなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる